お客様の声

ご旅行されたお客様の感想をご紹介しています

椎名 喜美子 様

椎名 喜美子 様

旅で日常を "活き活き" と

 私は、作業療法士として23年間急性期の病院で勤務した後、20年近く大学で教えてきました。病院時代の患者さんの中で脊髄損傷の後遺症の方々とその御家族を中心としたチームで旅行、パーティー、家族会など活動を継続してきました。その中から得られたことは数多くあります。一般の人達よりはハンディキャップの方達と近いところにいたと思っています。
 しかし、まさかまさかなのですが、私自身が12年前に原因不明の呼吸器の難病で少しずつ運動が制限されてきてしまいました。ここ数年は、在宅酸素療法で24時間酸素が必要です。もっともっと働いて、遊んで優雅な老後を予定していたのですが、人生予定通りにはいかないものです。
 朝起きて洗顔、朝食、着替え、掃除や洗濯、仕事や買い物に外出、入浴・・・病気になったり、障がいをもったり、年を重ねて若い頃と同じことができなくなると「普通の生活が出来る事」がどれだけ幸せなのか分かりますね。当たり前の日常生活が当たり前でなくなる事は悲しくてつらい事です。
悲しんだり、悔やんだりした時期もありましたが、12年も経つと充分受容できています。若い頃、研修や勉強のために訪れた外国で忙しく貧しく滞在した地にいずれはのんびり優雅に遊びに行きたいと思っていた所がいくつかあります。出掛けるのがなかなか難しくなってしまった事が残念ですが、手助けをして頂いて可能になります。

 日常はとても大切です。そして、その日常をより活性化してくれるのが非日常的なことです。「旅」はこの非日常そのものです。1年365日の内のたった3泊4日の「旅」1回だけでも残りの361日の日常を活き活きとさせてくれます。旅行の計画から始まり、目的地の訪ねたい所を調べ検討するのはワクワクしてきます。3泊4日以上の価値で私を楽しませてくれるのです。

その他の記事(最新の3件)

「生きる力の旅」

2019.3/3~3/4

椎名 喜美子 様

旅で日常を "活き活き" と

お問い合わせ

旅のどんなことでもお気軽にご相談ください。

TEL:080-9384-0101
TOPへ戻る