旅の報告(レポート)

旅の思い出・エピソードなどをご紹介します

心のバリアフリー台湾満喫

心のバリアフリー台湾満喫

在宅酸素だって、車椅子だって、夜市だって!

初めての台湾。
酸素濃縮器は、外出用に。酸素ボンベは、現地の方に手配してもらいホテルに搬入してもらいました。

台湾と言えば、夜市が有名ですが、バリアフリーとは言い難い環境。
しかし、凸凹道だって狭い通路だって車椅子と酸素カートを使い分けて十分楽しめました。地元の人が集まり、地元の料理がリーズナブルに食べれる活気に溢れた夜市。
日本では、値切るってことはあまりないけれど、この場に行くと何故か交渉しちゃうって面白いですね。これぞ旅!

車椅子で、立ち止まっていると「大丈夫ですか?」と何人かの若者が声を掛けてくれました。心のバリアがない台湾の若者にすごい刺激を受けます。

故宮博物館では、車椅子でも勿論入場でき障害者手帳を持参すると割引があります。
ただ、膨大な展示物を観るには上方の作品も多く、首が疲れます。
可能であれば、クッション等を敷いて少しでも目線が高くなると良いと思いました。
お尻が痛くなるのも予防できると思います。

その他の記事(最新の3件)

【このゆび、と~まれ!古民家で遊ぼう♪~子供は、遊びの天才だ~】

2019.5.1

【生きる力の旅 No.2 】

浅草寺ナイトツアー

「生きる力の旅」

2019.3/3~3/4

お問い合わせ

旅のどんなことでもお気軽にご相談ください。

TEL:080-9384-0101
TOPへ戻る